子どもが気軽に学べるプログラミングサイト10選

スポンサーリンク
プログラミングが学べるサイト・アプリ

2020年からプログラミングが小学校で義務化されることもあり、「子どもへどうやって教えたら良いだろうか」と悩む親御さんも多いです。

だからといって、いきなりぶ厚い本を買っても子どもが興味を示すとは限らないし、ましてやプログラミングスクールに通わせるなんて想像もできない・・・そんな感じじゃないでしょうか。

そんな時は無料のプログラミングサイトで試してみることをおススメします。今回は子どもにおススメするプログラミングサイト選をご紹介していきます。

スポンサーリンク

1.プログラミン

まず最初に紹介するのはプログラミンです。

こちらのサイトは文部科学省が「プログラムを通じて、子どもたちに創ることと楽しさの方法論を提供すること」を目的に作ったWEBサイトです。

コチラのサイトではキーボードがまだ上手く入力できない幼児でも使うことが出来ます。

出来ることの種類は他のサイトと比べても少なですが、プログラミングが初めての子どもたちでも「表現すること」を楽しみながら学ぶことが出来るようになっています。

プログラミン
プログラムで、きみの絵をうごかそう!

2.スクラッチ

次に紹介するのはスクラッチです。

スクラッチはアメリカのマサチューセッツ工科大学のライフロングキンダーガーデンという研究チームが作成したプログラミング言語学習環境です。

スクラッチの何が凄いかというと世界で一番使われているプログラミングの学習サイトである点です。

今後、プログラミング教育が始まるにあたってお子様がほぼ100%さわることになるので是非やっておきましょう。

なお、スクラッチはパソコンのマウスと簡単なキーボードの入力が出来れば幼稚園児や小学校低学年でも遊べるので早いうちからやっておくのも良いでしょう。

Scratch - Imagine, Program, Share
Scratch is a free programming language and online community where you can create your own interactive stories, games, and animations.

3.スクラッチジュニア

ScratchJr

ScratchJr

Kenji Shimoyamaposted withアプリーチ

スクラッチジュニアはスクラッチから複雑な機能を取り除き、より手軽に遊べるようにしたタブレット用のアプリです。

そのため、たとえマウスやキーボードが苦手でもより気軽にゲームや動く絵本などの作品を作ることが出来ます。

4.ピョンキー

お次に紹介するのはピョンキーです。

Pyonkee - iPadでビジュアルプログラミング
Pyonkee support page

ピョンキーはスクラッチをもとに開発されたi Pad用のアプリです。分かりやすく言うならスクラッチジュニアのワンランク上の存在と言えるでしょう。

スクラッチジュニアをやってみて「もっと挑戦してみたい」と感じた子どもがやる感じですね。

5.アルゴロジック

お次に紹介するのはアルゴロジックというサイトです。

アルゴロジックは対象年齢が中学生向けとなっているため、これまで紹介してきたサイトの中ではちょっと複雑なものになっています。

アルゴロジックではプログラミングに必要な論理的な思考を学ぶことが出来ます。

アルゴリズム体験ゲーム・アルゴロジック
JEITAのキッズサイト。小・中学生向けにソフトウェアの面白さを紹介。

6.ビスケット

次に紹介するのはビスケットです。

ビスケットはNTTの研究所が設立した「誰でもプログラミングを体験してコンピューターの本質が理解できる」をコンセプトとしたプログラミング言語です。

ビスケットの凄いところは文字や数字をほとんど使わず、プログラミングを学べる点です。

ではどうやって学べるのかというと、自分で絵を描いて「メガネ」というツールの丸にどのように絵を配置するかでプログラミングします。

ビスケットでは考えるまま、見るままにプログラミングできるので子どもから大人まで気軽に楽しめるものになっています。

ビスケット viscuit
コンピュータは粘土だ!!

7.ジョイントアップス

viscuit

viscuit

Digital Pocket Limited Liability Companyposted withアプリーチ

ジョイントアップスはデジタルハリウッド株式会社が中心となって開発したタブレットでアプリづくりが体験できるプログラミング環境(アプリ)です。

ジョイントアップスではいろんな機能を持ったブロックを繋げ合わせることでオリジナルのアプリを作ることが出来ます。

8.ライトボット

Lightbot : Code Hour

Lightbot : Code Hour

SpriteBox LLCposted withアプリーチ

お次に紹介するのはライトボットです。こちらはロボットをスタート地点からゴールまで動かすことで、プログラミングの論理を理解することが出来ます。

これが結構面白くて、あたかもパズルを解くような感覚でプログラミングを楽しむことが出来ます。

9.ムーンブロック

お次に紹介するのはムーンブロックです。

MOONBlock

こちらはブロックを直感的に組み合わせることでプログラミングできるという点ではスクラッチなどによく似ています。

しかし一つ違う点があります。それはブロックをつなぎ合わせてプログラムした内容をJavascriptのソースコードで確認できる点です。

これの何が凄いってムーンブロックをきっかけに子どもが本格的なプログラミングに進出できる所です。

MOONBlock

10.スモウルビー

http://smalruby.herokuapp.com/

お次に紹介するのはスモウルビーです。こちらは世界中で普及しているプログラミング言語「Ruby」をプログラミング初心者でも分かりやすく学べるように設計されたツールです。

Rubyはプログラミング言語の中でもより感覚的に近い書き方が出来る言語として名高いです。特にWEBサイトのプログラミングに使われています。

スモウルビーではそんなRubyを簡単に学べるツールとなっています。他のプログラミングサイトのようなブロックをつなぎ合わせるだけでプログラムすることが可能です。

こちらのスモウルビーもブロックでつないだ内容をRubyそのもののソースコードで確認できるので本格的なプログラミングに進みたい子どもにおすすめのツールと言えます。

http://smalruby.herokuapp.com/

まとめ;子供に合うツールはどれかいろいろ試そう

ここまで10個のプログラミングサイトをご紹介してきましたが、どれも無料なので子どもに合うのが見つかるまで気軽にまずはやってみることをおススメします。

プログラミングが学べるサイト・アプリ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
やない先生

どうもやない先生です。先生は芸名です。2020年から始まる小学校のプログラミング教育の必修化に向けて役に立つ記事を書いていきますのでよろしくお願いします。SNSフォローお願いします↓

やない先生をフォローする
おしえて!やない先生