子どもにプログラミングの勉強をさせるなら英語もしっかり勉強させなさい

スポンサーリンク
子どものプログラミング教育論

2020年から日本の小学校ではプログラミングが必修科目になります。それもあってか親が子どもにプログラミングをやらせようという動きが出ています。

もちろん、プログラミングを習わせることは大事なのですがそれと同時に少しで良いから子どもに勉強させるべきことがあります。それは英語です。

スポンサーリンク

プログラミングは英語と記号の組み合わせ=コードから成る

プログラミングで作られたコードというのは基本的に英語と記号の列から成り立っています。そのためある程度の英語を覚えておくとプログラミングの勉強がはかどります。

WEBサイトの簡単な例で例えてみましょう。例えばサイトに文章を書いているときって見やすくするためにどうしても段落を区切ることってあるかと思います。

WEBサイトで文章を作るときって段落の文ごとに<p>と</p>の記号でくくったりします。 【例】<p>クラス替えだ。今年は何組だろう</p>

この「p」って何のpかと言うと「Paragraph=段落」のpなんですよ!どうです?これって結構おもしろくないですか!(笑)

後面白いのはWEBサイトの中身(コンテンツ本体)を<article>と</article>でくくったりするのですが「article」って「記事」って意味でそのサイトの主役というかメインディッシュを示しているようなものなんです。

このようにそれぞれの記号にちゃんと意味がありそれらが合わさってWEBサイトが成り立っているんです。面白いでしょ?

学生時代必死に勉強した英語が大人になってから役に立った

ボクも以前職業訓練校でHTMLの勉強をしていた時期があったのですが、大学受験の時に必死になって英語の勉強をしていたこともあって比較的スムーズに内容を理解することが出来ました。

そのため、英語は覚えておいて損はありません。

とは言え小学校で習っているレベルで十分

しかしながら無理に覚えさせる必要はありません。確かに2020年から小学校でプログラミングの授業は必修化されますが、正直な話、今小学校で習っている英語を理解できてれば十分だからです。

とにかく子を持つあなたが今やるべきこと、それは来たるべきプログラミング義務教育化に向けて目の前にある子どもの教育をしっかりやることなのです。

子どものプログラミング教育論
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
やない先生

どうもやない先生です。先生は芸名です。2020年から始まる小学校のプログラミング教育の必修化に向けて役に立つ記事を書いていきますのでよろしくお願いします。SNSフォローお願いします↓

やない先生をフォローする
おしえて!やない先生