プログラミングって何?分かりやすく説明するよ!

スポンサーリンク
子どものプログラミング教育論

どうもやないです。2020年にプログラミング教育が小学校で必修化されるというわけですが、「え?そもそもプログラミングって何?」って感じの親御さんもいるかと思います。

無理もありません。今回はそもそもプログラミングって何なのか説明していきます。

スポンサーリンク

プログラミング=コンピュータに出す命令を作ること

簡単に言うと、プログラミングとは「プログラムを作ること」を指します。しかし、それだと「じゃあそもそもプログラムってなんなのさ!」って話になるかと思います。

プログラムとは「コンピュータに『あれをしろ』との命令を書きだしたものになります。」コンピュータは人間より計算が素早く、記憶力も人間と比べてはるかに上です。

しかし、コンピュータにもできないことがあります。それは「自分で考えることが出来ない」点です。

コンピュータを動かすには血の通った人間様が「まずこの作業をして次にあの作業をしなさい」と命令を下す必要があるんです。

もし仮に人間ならいろいろと学習しながら「前は上手くいかなかったから次はこうやれば上手くいく」と考えて行動することが出来ます。

しかし、コンピュータは計算や記憶こそは得意ですが想像する能力がありません。

そのために我々人間がコンピュータでも判断できるように緻密なコードで命令してやる=プログラミングする必要があるのです。

身の回りはプログラムで動いている

ちなみに今のこのコンピュータが発達した世の中では身の回りが「プログラム」で動いているものばかりです。例えば、スマートフォンだってプログラムが中に埋め込まれているから我々が指で触ると動かすことが出来るんです。

プログラムってむずかしいの?

プログラムやプログラミングの意味が少しでも理解することが出来れば幸いですが、すると今度はこんな疑問が出てきます。

「プログラミングってむずかしいの?」

そりゃあ会社で働いているプログラマーさんなんかは英語や数字が入った複雑なコードを必死に書いています。素人が見ても何が何だか分かりません。

しかし、何も小学校でいきなりそんな難しいことをやるわけではありません。

小学校ではビジュアルプログラミングでプログラムの考え方を学ぶ

2020年から始まる小学校のプログラミング教育ではいちいち英語や数字の羅列のようなコードを小学生にやらせるようなことはしません。てか、小学生がやるにはさすがに難しすぎます。

では何をやるのかというと、「ビジュアルプログラミング」を使ってプログラミングの考え方を学習するのです。

ビジュアルプログラミングとは?
プログラムを英語や数字などの文字で記述するのではなく、視覚的なオブジェクトでプログラムするプログラミング言語です。
出典:CodeCampus
と言ってもピンと来ないかもしれないので具体例を挙げておきます。
例えばスクラッチとか!
Scratch - Imagine, Program, Share
Scratch is a free programming language and online community where you can create your own interactive stories, games, and animations.
スクラッチでは以下のように決まった分が入ったブロックを組み立てることによって、むずかしい文字の羅列を使用することなく命令文=プログラムを簡単にゲームのように組み立てることが出来ます。
文字列が書かれているブロックを上手く筋が通るように組み立てるとキャラクターを動かしたり、もっと上手くやれば簡単なアニメーションだって作ることが出来ます!
こんな感じでスクラッチをはじめとしたビジュアルプログラミングを使うことでお子様が遊びながらプログラミングの考え方を学校で勉強できるんです。
子どものプログラミング教育論
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
やない先生

どうもやない先生です。先生は芸名です。2020年から始まる小学校のプログラミング教育の必修化に向けて役に立つ記事を書いていきますのでよろしくお願いします。SNSフォローお願いします↓

やない先生をフォローする
おしえて!やない先生